MIDキーボード(鍵盤)を使ったデータ入力法(Singer Somg Writer Lite 4.0
 
 

  MIDI鍵盤を使ったMIDIデータ入力ではおよそ下記のような機器が整っていて、それぞれが対応したコードで接続されいます。 この場合はパソコンに音楽ソフトがインストールされていて、USB対応のMIDI音源に接続され、この音源にMIDI鍵盤が繋がっているというものです。

 
 
 
   又、使うMIDI音源に対応したMIDI Driver(ミディ ドライバ)がパソコンにインストールされていて、音楽ソフト(Singer Song Writer Lite 4.0)の「設定」で、下記のように外部音源が使えるように設定されていることが欠かせません。尚、様々な音源に対応したMIDI Driverのインストールと設定法については次のページを参照して下さい。→(クリックて表示された画面で自分のパソコンのシステムや音源に使いものを選んで参考にしてください。)  
 
 Singer SongWriter 4.0で外部音源とこれに接続したMIDIキーボードを使うには
 
 

  Singer SongWriter 4.0を起動させ、下の画面の「設定」を下がって「MIDIポートの設定」を選ぶ。





上の画面の「接続して している音源」で使っている音源名が選ばれているか。
「MIDI IN ポートのデバイス」「 使っている音源のメーカー名ーと音源名 MIDI IN 」が選ばれているか。

同じく「設定」 を下がって「トラックの設定」を選ぶ



上の画面でTrack N oと Track Mameは上に同じで、Port で使う「1:音源メーカーと音源名 PART A」を確認。

同じく「設定」 →「録音/演奏の設定」で「録音モード」を選ぶ


 

 上の画面で「録音モード」 を選び、「録音モード」画面で、前に録音した楽譜データを消して新たに録音する場合は「上書き録音」、前の録音の上に重ねて録音する場合は「重ねて録音」を選ぶ。「キーオン・レコード」では、まずOFFを選んでおく、こうしておくと演奏と同時に録音が開始される。(下記の演奏オプションでプリロールの設定がしてあるとプリロール後、録音がされる。) 又、ここをONにしておくと、Trackのデータを再生中、MIDI楽器を演奏すると同時に録音が開始される。

 


続いて上の画面で「入力音符の調整」 をクリック


   上の画面では演奏するパート譜の最も短い音符を選ぶと、それより短い音譜は音としては録音されるが楽譜には表示されなくなる。
 


続いて上の画面で「メトロノーム」を選ぶ


  上の画面で「メトロノームを使用する」を 選ぶと、メトロノーム音を聞きながらキーボードを演奏して録音することができる。
メトロノーム音はCh10(Drum楽器専用のTrack10) で鳴るように設定されている。
 



続いて「演奏オプション」 を選ぶ


  「プリロール」の機能は初歩段階では使はないが、これについてはこのソフトの「ユーザースマニュアル」の238P,260〜261Pに詳しく書いてあります。  



   次に「設定」 →「スコアの設定」で曲の「調子」、「拍子」、.「譜表」等を設定をしますが、MIDI鍵盤で大譜表の楽譜を入力する時には「譜表」を選び、ここで「大譜表」を選びます。
 
 
 
 《 リアルタイム入力(MIDIキーボードで演奏したままのデータを記録する方法) 》
 
 
  スコアエディタ(五線にト音記号のマーク)をクリックし、入力したいTrack(例はTrack1)を選びます。


   上の画面でTrack1の左端の録音ボタンを押してを表示させます。この部分にト音記号等が表示されていたら、 「設定」 を下がって「トラックビューに譜表を表示」を選んで、この項目についているチックマークをはずします。次にマウスの先端を2小節目の頭に持っていきます。(1小節目は音源の初期化、ホールの響きや楽器音の指定などのデータを入れる必要から空けておきます。)

 録音ボタン()は他にも2箇所ありますので、使いやすいものを選んで使ってください。ミキサーの中のRec(レコード)ボタン、「ソングエディタ」の中のTrackの右にあるです。

 
 


 

   次に「プレイパネル」を表示させ録音ボタン()をクリックすると、メトロノームが鳴るように設定してあれば、クリック音が聞こえてきます。  



上のプレイパネルの の上でテンポを変更します。

もう一箇所楽譜表示でもテンポ変更ができます。


   上の画面左でTempoを選んで四角で囲んだ数値をダブルクリックし、この画面に変更テンポ値を入れてEnterキーを押します。  
 

 以上でMIDIキーボドを演奏してデータを入力する準備ができましたので、後は上の「プレイパネル」の録音ボタン()をクリックしてメトロノームのクリック音を聞き、MIDI鍵盤を演奏をしてみてください。ここでの操作は色々やってみて慣れるより方法がありませんが、どこかの設定や操作にミスがあって、なかなか音が鳴らないことありますが、以上の設定や操作を点検し、自分で原因を突き止めることが大切だと思います。しかし、どうしても問題が解決しない場合にはこのソフトのサポート担当に電話をかけて聞くと殆どは解決すると思います。電話番号はソフトを購入した時に入ってくる「ユーザーサポートのご案内」の中に書いてあります。だだし、この用紙の左側についている「ユーザー登録」のハガキを送っておかにとサポートは受けられません。
 尚、MIDI鍵盤を使った録音がうまくできない時には、鍵盤を演奏した時に「ミキサー」のベルメータの棒グラフが反応して動いているかを確かめ、動いていなかったら上記の配線や設定等を確かめてください。複数のTrackのRecボタン()が押されているようなことも、うまく作動しない原因になります。
 それからもうひとつ、MIDI鍵盤を演奏して録音したデータの楽譜表示は、もともと人間が演奏したたものなのですから正確な楽譜表示になることは少ないといってよいほどですが、ここでは音楽的な演奏データを作成することが目的ですから、あまり気にすることはありませんし、後からマウスを使って修正することも可能です。