Power Pointを使ったMIDI,Audio,Videoデータのリンクのさせ方(指導過程での活用法)

 ここでは今までに作成したMIDIデータや録音等の方法でパソコンに取り込んだAudioデータ、それにVideo画像のMPEG-2(高画質)データ等を一般的に学校で使用されているプレゼンテーションソフトの代表格といえるPowerPointを使って、効率よく提示する方法を紹介していきすが、もちろんこうしたものはデータ量に余裕があれば、ホームページ作成ソフトでも可能です。

 例として小学校6年生の音楽の授業や集会等での歌唱指導に使う方法を紹介しますが、ここで紹介する技術は音楽の鑑賞や創作指導は勿論のこと、他教科での指導や全校行事、研究発表等幅広い分野で役立つことと思います。

 それでは、まず、右クリックで作成されるフォルダ名を仮に「PowerPoin」とし、 この中に ギリシャの風景画像(Greece)、MIDIデータは2部合唱の上のパート(yuuki-1.MID)、下のパート(Yuuki-2.MID)、上下のパートが鳴るもの(Yuuki-3.MID)、オーケストラ伴奏(Yuuki-Oc.MID)、ピアノ伴奏(Yuuki-P.MID)を、後から PowerPointに必要事項を入力して「勇気一つを友にして」のファイルを加えて下のように用意します。まず、「PowerPoint」に関わる入力から解説していきます。

 この事例で使うギリシャの画像とMIDIデータは著書「これからの音楽教育ーコンピュータで何ができるか」の添付データの中に入っています。ただし、MIDIデータは2部合唱にピアノ伴奏がついたもの一つですから、音楽ソフトのコピー、ペースト機能でパートごとのデータに作り替えていただく必要があります。オーケストラの伴奏も添付されています。


    〃
           パソコンの機種によっては上のような表示になっていることもある

これからの操作では入力したデータを時々「上書き保存」叉は「名前をつけて保存」していって下さい。


《Power Poin上の操作》


まず、Power Pointのソフトを起動し、新しいプレゼンテーションを選んで「OK」ボタンを押します。



次の選択肢で下の画面を選んで「OK」をクリックします。


下の画面で「挿入」→「横書き」と進みます。


下の画面の文字を入れたい位置でクリックします。

 画像はメニューバーの「挿入」→「図」→「ファイルから」でGreeceを選び、大きさや位置
を調整して下のように作成します。 文字の色等はメニューバーの「書式」→「フォント」
と進むと、 ここに調整機能があります。テキストボックスは何回使ってもかまいません。



Power Pointに音楽データをリンクして使う

 
 この場合のリンクというのは指導過程の必要な時に、必要な音楽や映像がクリックした瞬間に再生されるように関連づける操作をいいますが、これが可能になると効率よく指導できることはいうまでもないことです。

 それではPower Pointの入力画面を開いた状態で、下記のように、クリックして音楽(MIDI)を鳴らせたい●印をマウスで選ぶことから操作を進めます。


 合唱曲の上のパートのを選んでから、メニューバーの「挿入」をクリックします。この時、下のふたつのどちらかが表示されますが、「ハイパーリンク」を選べばどちらの表示が出て差し支えありません。

叉は

下の画面で「ファイル」をクリック

 下の画面が表示されたら、上のパートの音楽データ(例ではYuuki.MID)を入れたフォルダ名をファイルの場所で選び、一番下のファイルの種類のところで、.「すべてのファイル」を選ぶと上にデータの一覧が表示されるので、この中から概当する音楽データを選んでOKボタンをクリックします。尚、下の画面にはこのリンク操作に関係のないデータも表示されています。


 下の画面が表示されたら音楽データに間違いがないか確認してOKボタンを押すとリンクが有効になります。




 リンクが確認できたらPower Pointの左下にある赤◯内のマークをクリックすると大きな表示画面が現れます。


 下の画面でパソコンのAのキーを押すとページ操作画面(左下)が追加されますが、曲名の前の薄くなったをクリックするとリンク機能が働き、メディアプレヤーが立ち上がって音楽が演奏されます。
 又、今と同じ「ハイパーリンク」の方法でリンクさせれば、パソコンに取り込んだAudioデータやVideoデータもクリックひとつで、瞬時に再生させることが出来ますが、 AudioデータとVideoデータのパソコンへの取り込みについては、私の関連著書や関連ホームページを参照して下さい。この二つの分野については機会を見て、このページに追加したいと考えていいます。この画面の下に曲名等をクリックした時に立ち上がるMedia Playerの画像を入れておきます。


Medeia Player

Windows98WindowsXP

 
MPG2 データを含むPowerPointへのリンク
 
 

5年生音楽教科書(教育芸術者)より
エルガー : 作曲行進曲「威風堂々(演奏と鑑賞との一体的取扱い)

 ここでのねらいは削減された音楽の授業時間の中で、児童がソプラノ・リコーダーで演奏可能なこの曲のメインテーマの部分と、これに合わせて伴奏として再生する原曲をハ長調に移調したMIDIを伴奏に用意し、何回かオーケストラ合わせて演奏する体験を通して、理屈でなく体を通してこの曲の良さ深さを体験させ、その上で、本場イギリスで演奏されている鮮明な画像と音質による圧倒的なVideo映像を 鑑賞させることで、この曲の良さ深さを効率よく感得させること、更に作曲者エルガーの「愛の挨拶」をオルゴール音にして聞かせ、この曲にも愛着を持たせるということです。
 尚、ハ長調に移調したソプラノ・リコーダー用の楽譜とこれの管弦楽伴奏データ(MIDI) 、それに「愛の挨拶」のオルゴール音は著書「これからの音楽教育ーコンピュータで何ができるか
」の中の添付CD(2)の中に関連MIDIデータとして入っています。又、行進曲「威風堂々」のビデオで最も鑑賞効果が高いのは毎年夏になNHKのBS放送で演奏される、プロムスの中のBBC交響楽団の演奏の録画のように思います。

「PowerPoint」へのVideo(MPEG-2データ)のリンクの方法はMIDIやAudio(MP3等)とまったく同じ
方法で、 このソフトの「挿入」 →「ハイパーリンク」でリンクさせたいデータの置き場所から目的のデータを
探してクリック で選び、「OK」 ボタンをクリックするだけですので、ここでは具体的な操作は省略します。


上のPowerPointの入力画面で三つの場所をマウスで選んで、それぞれのデータをリンクさせます。


プレゼンテーションの「表示」 に切り替へ、リンク場所をクリックすると「Windowds Media Player」立ち上がり
それぞれのデータが再生されます。MIDIとAudio(MP3等)の再生では再生が始まったときに画面のどこか
をクリックするとプレイヤー画面の表示画が隠れて再生されるので、これを使うと画面が見やすくなります。


Video画像(MPEG-2)では目的の場所をクリックすると小さい画面(スキンモード画面)で表示されるので、手早く
「Alt」 キーを押したまま「Enter」キーを押すとパソコン(又はプロジェクター)画面一杯の画面で再生・表示される。

MPEG-2の再生で上のような画面が表示されたら「Alt」 キーを押したまま「Enter」
キーを押すと、 パソコン(又はプロジェクター)画面一杯の画面で再生・表示される。
(もとの大きさにもどすにはもう一度同じ操作をする。)

ここでの操作は特によく慣れて、タイミングをはずしたり、表示エラーを出ないようにすることが大切です。